多言語ウェブ制作サービス

お問い合わせ webmaster@transfactory.net
見積依頼
First Image
Second Image
Third Image
Fourth Image

既存のサイトを多言語化・新規サイト制作も承ります。

東急ホテルズ様 トランスファクトリーでは、過去に多くのウェブサイトを多言語化してきました。「海外にも情報を発信したい」「外国人のお客様をもっと獲得したい」、そのようなお客様に好評を得ています。今後海外進出を考えている企業様、外国人の集客増加を狙っている店舗・ホテル等のオーナー様、海外のお客様への通販を考えているショップオーナー様、ぜひ一度ご検討してみてはいかがでしょう?
  1. 導入事例はこちらをご覧ください。
もちろん、個人のHPの多言語化にも対応します!


多言語ウェブサイト作成のノウハウを持っている弊社だから出来る、ホームページの多言語化。

弊社は「翻訳会社」ですが、ウェブサイト作成も承っております。一般的に翻訳会社でウェブサイト制作も行っている会社は、非常に少ないです。ですが、トランスファクトリーにはネイティブ翻訳者と、ウェブサイト制作の担当がおり、社内でワンストップ作業をすることが出来ます。翻訳は翻訳会社に、HP制作はweb制作会社に、と別々に作業を依頼して、翻訳者とweb制作者との間に連絡の取りこぼしが起きる。そのような事は一切ございません。

「なぜ翻訳者とweb制作者が、HPの多言語化について打ち合わせをしなければいけないか?」「ウェブサイト制作だから、web制作者だけで作業するんじゃないの?」そんな疑問を持たれることでしょう。これから簡単に、翻訳者とweb制作者が打ち合わせをする必要性についてご説明いたします。

日本人と外国人の、ホームページの見方の違い

海外のホームページを見たとき、「アメリカのウェブサイトっぽいな」「これは中国のサイトだよね」そのように感じた事はございませんでしょうか。もちろん、英語で書かれているとアメリカやイギリスのサイトである事は一目瞭然ですし、中国語で書かれていれば中国のサイトでしょう。しかし、それ以外にも外国のHPである事を推測できる理由があります。それは、目に入ってくる「色調」です。

 

例えば、中国では緑色は軍を連想するからめったに使われず、代わりに青色を用いる事が多いです。また、アメリカのサイトであれば、日本人から見るとキツめの配色である事が多かったりします。つまり、サイト制作の段階でこれらの状況を把握していなければ、真に外国人に受け入れられるHPを作ることは難しいのです。

中国語のページ制作の時に多い「文字化け」

皆さんが中国語のページをご覧になられる時、意味不明な記号の羅列や、部分的に「?」が表示されているページを見た事はございませんでしょうか?これがよく言われる「文字化け」なのです。

ブラウザによって文字が化けたり化けなかったり… 中国語のウェブサイトを作るとき、どうしても悩みのひとつになります。ですが、弊社ではその点の作業も抜かりがございません。安心してお任せ下さい!

お問い合わせ先

翻訳に関するお問い合わせやお見積り依頼は下記までご連絡ください。

多言語翻訳サービスに関するお問い合わせ先
TEL:03-3662-1212 (受付時間:平日午前9時~午後6時)
e-mail:webmaster@transfactory.net (24時間受付)